【無料】映画「日本のいちばん長い日」の動画をお得に見る方法!あらすじや感想をネタバレなしで紹介!!

日本のいちばん長い日
「日本のいちばん長い日」は、誰もが知る「1945年8月15日」の終戦の日の裏で行われていた、知られざる無条件降伏までの物語を映像化したものです。

私たちのよく知る終戦の日は、実はすんなりと迎えられたわけではありませんでした。豪華キャストによって終戦の日までの24時間を軸として、平和のために奔走する男たちの姿が描かれます。

「日本のいちばん長い日」は、現在ネット上の様々な動画サービスで配信されています。各サービスの無料体験を利用すれば、無料で見ることも可能です。

今回は、「日本のいちばん長い日」の魅力と、配信している動画サービスの紹介、そして無料で見る方法について解説していきます。

「日本のいちばん長い日」はどの動画サービスで見る?dTV・U-NEXT・Hulu・Amazonプライムビデオを比較

「日本のいちばん長い日」は、現在dTV・U-NEXT・Hulu・Amazonプライムビデオという3つの動画配信サービスで配信されています。

どの動画配信サービスで見るべき?

ではこれらの動画サービスのうち、どのサービスで「日本のいちばん長い日」を視聴すればよいのでしょうか。

以下に各動画サービスの特徴をまとめました。

サービス名 月額料金 無料期間 特徴
dTV 550円 31日間 映画やドラマだけでなくミュージックビデオやマンガ作品も豊富
U-NEXT 2,189円 31日間 配信動画総数12万本に加え、毎月2,000本以上のコンテンツ追加
hulu 1,026円 14日間 20,000本以上の動画数。特に海外ドラマ配信に強い
Amazonプライムビデオ 408円(年会費4,900円)
※月額550円(月単位の契約)も可能
30日間 Amazonでお急ぎ便無料やAmazonパントリーなどが利用可能

これらを踏まえて、私としてはAmazonプライムビデオで見るべきだと考えます。

3つのサービスで月額換算料金が最安であるうえ、Amazonで買い物をする際に「お急ぎ便」が無料、「Amazonパントリー」という日用品をお得に購入できるサービスが利用可能といった特典が付くため、価格以上にお得にサービスを受けることが可能となるのです。

Amazonを利用する方にとっては、Amazonプライムは最も良い選択肢だと言えるでしょう。

単純に動画配信サービスという部分だけで言うと dTV U-NEXT の方が配信作品も多いため、最終的には自分で配信作品ラインナップを見て決定しましょう。

「日本のいちばん長い日」のあらすじと登場人物は?


「日本のいちばん長い日」は、敗色濃厚な終戦間際の日本において、終戦の日である「8月15日」に至るまでに実際に上層部でどのような話し合いがなされ、どのように降伏が決定されたのかが克明に描かれています。

降伏決定に至るまで、「降伏」か「本土決戦」かで上層部の中でも判断が分かれるなか、今日まで続く平和がどのようにもたらされたのか、詳細に描かれている点が魅力の重厚な歴史ドラマ大作に仕上がっています。

「8月15日」の裏側に隠された知られざるドラマとは?

私たちがよく知る「8月15日」は、決して円満に迎えられたものではありませんでした。1945年7月にポツダム宣言の受諾を迫られ、当初から軍部では「降伏」と「本土決戦」に意見が二分。そんな中で広島と長崎に原子爆弾が投下され、無条件降伏の機運が高まります。

しかし、軍部の中ではそのような状況下でも「一億総玉砕」を標榜する軍部の将校たちが降伏を阻止すべく動き、ついに降伏前夜の8月14日、クーデターという形で皇居を占拠します。8月15日までの24時間を軸に、知られざるクーデター事件、そして無条件降伏までのドラマを描きます。

リメイクによって「昭和天皇」が一人の人間として描かれる!

本作は、1967年に同名で公開された作品のリメイクです。67年版には三船敏郎をはじめ、後世まで名の残る名優たちが数多く出演しました。太平洋戦争終結間際に実際に起こったクーデター「宮城(きゅうじょう)事件」を中心に描いた67年版に、その前日譚を合わせてリメイクしたのが本作です。

リメイク版である本作では、昭和天皇の描かれ方もかなり違ったものとなっています。67年版では昭和天皇は後姿などでしか出演していませんでしたが、本作においては主要な登場人物となり、平和のために尽力するさまが克明に描かれています。

実力派俳優たちが実在の終戦期の人物たちを熱演!

「日本のいちばん長い日」は、実在の人物を重厚に演じきった俳優たちの熱演も魅力です。軍部の「徹底抗戦」の想いを理解しつつも、昭和天皇の意向を理解して戦争を平和的に解決しようと奔走する陸軍大臣・阿南惟幾には、日本映画界の重鎮の一人・役所広司。戦争をあくまでも平和的に終わらせたいと願う昭和天皇には、「おくりびと」で国際的な名声も勝ち取った本木雅弘。

戦後に死刑となることを予想しつつも、それでもなお戦争を終わらせようとする総理大臣・鈴木貫太郎には、山崎努。そんな総理を献身的にサポートし、歴史の転換点を見届けるべく奔走する内閣書記官長・迫水久常には、堤真一。そして、燃えたぎるような徹底抗戦の想いをクーデターという形で結実させようとする若き将校・畑中健二には、松坂桃李が、それぞれキャスティングされています。

「日本のいちばん長い日」の感想まとめ ※ネタバレなし

「日本のいちばん長い日」

「日本のいちばん長い日」は、豪華キャストで描かれる歴史巨編です。終戦までの24時間が軸となりながらも、さまざまな人々の想い、戦争を終わらせたい側の想いと徹底抗戦をするべきだという側の想いなど、さまざまな思惑と感情が丁寧に描かれており、重厚かつ深い物語として現代に生まれ変わっています。

「降伏」すべきか、「本土決戦」すべきか。最後までせめぎ合った男たちの物語

作中でクーデターを画策する軍部は、自分たちが最後の一人になるまでも強硬に戦い抜くべきだという主張を続けます。その煮えたぎるような想いを理解しつつ、国民をこれ以上苦しめるわけにはいかないとして降伏を選択しようとする昭和天皇の想いに賛同した阿南は、平和的解決の道を探っていきます。

無条件降伏を行うことを決定した8月14日から、軍部によるクーデター、そして玉音放送まで、24時間の中で日本の未来の運命は刻一刻と変化していきます。その運命を決定づけるべく、「降伏」か、「本土決戦」かのせめぎ合いを最後まで続ける男たちの姿には、胸が熱くなります。

今日の平和は、彼らの「英断」によって作り上げられた

8月15日の無条件降伏によって、日本は戦後70年以上にわたって、大きな戦争を経験することなく今日に至っています。今の平和な世の中が実現された背景には、戦争の最終局面で英断を行った、男たちの姿があるのです。

戦争を知らない世代である私たちは、今日の平和な日々をただ享受するだけでなく、戦争中に「戦いを終わらせるための戦い」によって奔走した人々のことを知る必要があるのではないでしょうか。平和な日本に生きる、全ての人々が見るべき映画です。

「日本のいちばん長い日」を見た方におすすめの映画やドラマは?

「日本のいちばん長い日」を見た方は、これを機会に太平洋戦争・第二次世界大戦というものを映画を通して再度学んでみてはいかがでしょうか。戦争を題材とした映画を3本ご紹介します。

父と暮せば

父と暮せば
dTV U-NEXT hulu Amazonプライムビデオ で配信中)

井上ひさしの戯曲を原作とした、原爆投下後の広島を舞台にしたヒューマンストーリーです。昭和23年、戦争と原爆の傷跡が色濃く残る広島で、原爆で父を亡くした美津江のもとに、突如父・竹造が帰ってきます。竹造は、原爆で亡くなったのちに幻となって美津江のもとに現れたのです。

原爆の惨禍の中で自分だけが生き残ってしまったという言いようのない罪悪感を抱きながら、美津江は日々を過ごしています。そんな美津江に、竹造は時に厳しく、また時に優しく助言を続けるのですが……。美津江役に宮沢りえ、竹造役に原田芳雄がキャスティングされた、本編のほとんどが二人芝居による心温まるストーリーです。

硫黄島からの手紙

硫黄島からの手紙

dTV U-NEXT Amazonプライムビデオ で配信中)

巨匠クリント・イーストウッドが監督を務め、渡辺謙、二宮和也など日本人キャストも数多く出演した作品です。戦況が悪化の一途をたどる1945年、本土防衛の最前線となった硫黄島の激戦を、日本側から克明に描き出しています。

本土防衛のために硫黄島に向かった陸軍将校・栗林忠道(渡辺謙)は、硫黄島に駐留する日本軍に対して、合理的な戦いを叩き込んで来るべき決戦に備えます。そして1945年、ついにアメリカ軍が硫黄島に上陸。5日で終わるだろうとアメリカ側に思われていた硫黄島の戦いは、驚異的なまでの長期戦となり、過酷さを増していくのでした。

戦場のピアニスト

戦場のピアニスト

dTV U-NEXT で配信中)

第二次世界大戦中に実在したユダヤ系ポーランド人のピアニスト・ウワディスワフ・シュピルマンの運命を描いた戦争映画です。カンヌ国際映画祭でパルム・ドールを受賞し、アカデミー賞でも監督賞・主演男優賞などに輝く名作となりました。

1939年に第二次世界大戦が勃発すると、ポーランドの隣国ドイツが侵攻を開始してきました。首都ワルシャワはドイツ軍に占領され、ナチスドイツのユダヤ人迫害政策によって過酷な強制労働に従事させられたシュピルマンは、ドイツ軍に対する蜂起を画策します。

まとめ

「日本のいちばん長い日」は、終戦間際の「戦いを終わらせるための戦い」を描いた大作映画です。これまでほとんど知られていなかった終戦間際の秘話を、重厚なタッチで描き出している作品となっています。

「日本のいちばん長い日」は、動画サービスの無料体験を利用すれば無料で見ることも可能となっています。ぜひ一度、ご覧になってみてはいかがでしょうか。

紹介している作品の配信状況は、記事更新時点の情報です。
現在は配信終了している場合もありますので、詳細は公式ホームページにてご確認ください。

動画配信サービスを条件絞り込み検索で探す

準備中

-映画(邦画)